ゆとり教育

ゆとり教育による学力低下

Last update:2014/10/17

「ゆとり教育」という近年の学校教育により、子供達の学力低下が問題になってきています。ゆとり教育の目的は、簡単に言うと生徒の勉強の負担を減ら変わりに、ココロの余裕を確保して、より自由な発想を育もうという事です。さらにそれは、国際社会で通用し得る真の学力を形成することを目的としています。
そのために完全週休2日制や、教科の内容を3割削減した「新学習指導要領」を導入しています。
その制度を導入したがために、子供達の学力が低下してきているのも事実で、「子供達の学力低下」に歯止めをかけたい教育現場の意見とはずれていて、制度の導入後は、「子供達の学力低下」にますます拍車がかることが懸命されています。「ゆとり教育」は、これまでの勉強する機会を逆に減らしてしまったと言われても仕方がありません。子供たちにとっては、その分遊ぶ機会が増えたことになるので自由な発想というよりかは、遊ぶ発想を植えつけてしまったとことになります。しかも携帯ゲーム機の普及により、家の中のみならず外でゲームをする子供たちが増えました。家の中であれば親が注意することがまだ出来たのですが、外となるとそれも難しいためますます勉強から遠ざかっていく結果になりつつあるのです。

 

現に多くの私立校では「ゆとり教育」を導入すると、これまでの学力レベルを維持できなくなると考えていて、ゆとり教育の「週5日制」を導入しないで独自のカリキュラムで授業を行っている私立校もあります。しかし、私立校以外の多くの学校教育では、現状のゆとり教育を導入したカリキュラムでの授業を行っているので、急激に減った学習時間の中では、すべてを学ぶことが出来ず、学校側ではそれを家庭教師や塾などに現状の学校教育の不足分を委託しているのが実情のようです。
現在の学校教育の関係上家庭教師や塾などに通うことが普通になってきてますが、二つのうちどちらがいいか迷うと思いますが、家庭教師のほうがオススメです。
こちらのサイトではなぜ家庭教師がいいのかについてご紹介していきたいと思います。
今の時代、勉強不足を補うことが当たり前のようになってきてますので、それならばどのように家庭教師を選んだらいいのか?または、どのような点に気をつければいいかなど、選ぶ際に悩む事について語っていきたいと思います。
このサイトが皆様の家庭教師選びに一役かってくれたら幸いです。それにより、勉強不足も補って学力もあがるのであればさらにうれしく思います。

家庭教師とは

家庭教師とは、その名の通りご家庭で子供に勉強を教える教師のことです。受験対策・定期テスト対策などによって指導法も様々です。家庭教師も最近は、子供に勉強を教えるばかりにとどまらず、パソコンの家庭教師もいるなど、家庭教師の分野が学校などの勉強にとどまらず、いろいろと広がりをみせています。

 

家庭教師を付ける時期として一番いいのは、家庭教師を小学生のうちに雇うことです。なぜかというと、小さいうちに、頭が柔らかいうちに家庭教師のつけることによって、その勉強法を知るだけでなく、身に付けることができるためです。また、小学校や幼稚園の受験をする子供も増えてきています。小さいうちに家庭教師をつけることは、下手に学習塾に通わせるよりも自宅での勉強方法を身に付けるという意味では家庭教師の方がより良いのです。
家庭教師の付ける効果は中学生、高校生になっても受けることが出来ます。受験を意識すると進学塾に通うことが多いとおもうのですが、基礎学力が出来ていないうちに進学塾に通わせても、ついていけずに自信を失うという結果にもなりかねません。家庭教師は学習の基礎を固める為に非常に有効です。
大学受験になると家庭教師だけでは大学受験情報が乏しくなってくるのですが、そういう場合はプロ家庭教師を雇うか、進学塾と家庭教師の両方を一緒に行うことが理想的です。特にプロ家庭教師は費用が高くなりますが、効果は非常に高く、大手の進学塾に通わせてついていけないのであれば、プロの家庭教師を雇った方が賢明です。

-ページトップ-

おすすめWEBサイト 5選

カーテンで迷ったら、東京の「カーテンのデコ」のホームページ。そしてブログに来て見て、目からウロコのステキなヒントがたくさん!

カーテン スタイル

子供専門のオンライン英会話スクールのハッチリンクジュニア

子供 英会話

最近注目を浴びている人気の「電話占い」についてご紹介しています。

電話占いウィル

Last update:2016/11/15